ブログ管理手法

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で一元管理するメリット

会員(顧客)情報を、台帳に手書きしていませんか?
利用履歴をエクセルに登録されていませんか?
会費計算、入金管理はどうですか?
フィットネスクラブ・スポーツジムでの毎日の業務が、バラバラに管理されて、お困りでないでしょうか。
フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で、業務を簡単にまとめることができます。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で出来ること

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理システムは、フィットネスクラブ・スポーツジムで日々行われる業務内容の流れにそって、ご利用して頂けるようになっています。

基本機能は、会員(顧客)情報管理・利用履歴管理・会費収納管理・施設用帳票管理です。
お客様がフィットネスクラブ・スポーツジムに来館され、入会される前に施設見学等をご希望された場合、お客様の個人属性(名前、住所、連絡先電話番号等)を簡単に見学者情報登録が可能です。
見学者情報を登録することで、お客様に対して継続的に入会へのアプローチを行えるようになります。また、見学されたお客様が入会され手続きを行う場合、見学時に登録した個人属性を、そのまま入会登録で連携できます。

入会時の登録では、お名前、ご利用コース、利用開始日等、必要最低限の項目のみ入力することで早く簡単に登録可能なシステムになっています。
入会金・登録料などの諸経費、初回月会費など入会手続きで必要な料金精算も同時に処理が可能です。
入会された会員様へは会員証などを発行して、施設をご利用いただく証明書としてご利用いただけます。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理では、日々の施設利用状況を記録し管理するこができます。施設へ来場される会員様が、施設フロントにて会員証を提示することで、ご利用コース確認、会費未納の確認を行い、施設にチェックインされた利用日付・時間を登録します。
退館される場合も、会員証を提示でチェックアウトされた利用日付・時間を登録することが可能です。


チェックイン・チェックアウトでは、施設やインストラクターからのお知らせなどを表示する機能を標準で装備しています。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理では、施設の利用料を徴収し管理することが可能です。
利用毎に料金を都度お支払い頂く形態での運用、月会費・年会費として定期的にお支払い頂く形態での運用など、施設のニーズに合わせいろいろな形態で収納管理を行えます。

会費以外にも、レンタルロッカー代など定期的にお支払い頂くものを会費と合わせて徴収できます。
定期的にお支払い頂く形態の場合、銀行口座からの自動引落、クレジットカードでのお支払いが利用いただけます。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理では、日々の施設運用で必要になってくる管理用の帳票を用意しています。
入会手続き・コース変更手続き・退会手続き等、日々増減する会員数を把握するための人数管理帳票やチェックイン・チェックアウトを記録し、会員様がどのように施設を利用されているか把握するための利用管理帳票、
施設利用料・月会費・年会費・施設で販売される商品代金など把握するための売上管理帳票、会員人数管理、利用状況管理、退会者管理など各種管理帳票をご用意しており、施設運営を強力にサポートいたします。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で一元管理するメリット①

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理は、ご利用いただいている会員様の情報を一元管理することで様々なメリットを体感いただけます。

見学者登録で一度登録したお客様の個人属性を入会手続きで再度入力することなく利用できます。一度の入力で、データを共有でき入力作業の軽減化につながります。

入会手続きも、ホームページからの入会、店頭で直接入会といろいろなシーンに対応しています。
ホームページでは来場しなくても、ジムエリア・設置マシンの紹介・スタジオ施設・レッスンスケジュール・レッスン内容説明など施設の魅力をアピールし見学同様の紹介を行うことで入会機会を増やせます。
さらに、施設を知っていただき、ホームページから登録したお客様情報をフィットネスクラブ・スポーツジム会員管理につなげることで、来店時の入会手続きの簡略化につながります。

入会手続きを簡略化することで、より多くの時間をお客様対応に充てることができ、顧客満足度の向上につながります。

入会いただいた会員様が施設利用する場合、チェックイン・チェックアウトを行うタイミングで施設やインストラクターからのお知らせなどを表示し、お客様とのコミュニケーションを図ることで、顧客満足度を上げ、施設利用回数の促進につなげる機能を標準装備しています。

定期的にお支払い頂く会費は、ご利用コース変更があっても会費計算で徴収金額を自動計算できます。
お支払い頂いていない未納会費も含めてまとめて請求が可能になり毎月の煩雑な計算業務が軽減されます。

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で一元管理するメリット②

フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理では、会員様がどのように施設を使用されているかを分析することが可能です。どのようなコースの利用が多いのか、どの時間帯の利用が多いのか、どの曜日の利用が多いのかなど、いろいろな条件で利用状況を分析することができます。

利用状況を把握することで、入会後まもない初心者の方、長い期間ご利用いただいている方、毎日、週1~2回、月2~3回のご利用など、会員様 1人1人のご利用ニーズに合わせてきめ細やかなサービス提供を準備し実施することにより、定着率をアップさせ多くの方にご利用いただくことは、施設の収益力強化にお役立ていただけます。

また、利用状況を把握することで、適切なスタッフ配置が可能になり施設運営の効率化を図れます。
会員様の利用ニーズを分析することで、施設利用のピークシフトを検討する上での有効な分析資料となります。

施設利用人数を平準化することは、「いつでも快適に利用できる。」と会員様に感じていただけ、顧客満足を向上させると同時に、店舗スタッフの業務軽減化にもつながります。

コロナ禍の今、会員様の利用履歴をしっかり管理することで、リスク管理にもつながります。

まとめ 

  • 業務ごとに分散して取り扱っていた情報をフィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で分かりやすく一元管理できます。
  • フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で、会員様の利用ニーズを把握分析することができ、顧客満足度の向上を図ることが可能になります。
  • バラバラだった情報を、一元管理することで、施設スタッフの情報共有もスムーズに行えるようになり、業務負担が軽減され円滑な施設運営が可能になります。
  • フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理で、煩雑な業務をまとめて管理することで作業効率がアップし、スタッフ1人1人の負担を削減、空いた時間を新たな業務に振り分けることができ施設の新たな魅力を創造することになります。

ぜひ一度、フィットネスクラブ・スポーツジム会員管理のご利用をご検討してみてください。

「管理手法」関連ブログ